TOP2006年11月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

明日から・・・。
明日は早いもので12月ですね!!!

この時期が私は嫌いなんですよね・・・

世間が忙しく慌しくなり、私は置いてけぼりになった気分になり嫌なんですよー!

今年もあと少しなので気合入れて頑張ります

仕事の方もまだ忙しいみたいですけど

ボチ②頑張ります



スポンサーサイト

カテゴリ:日記
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

喫煙率11年連続の減少、26.3% JT調べ
日本たばこ産業(JT)が22日発表した調査結果によると、

今年8月現在の全国の喫煙者率は26.3%(05年調査29.2%)で、

11年連続で減少した。禁煙、嫌煙の広がりにたばこ税の増税も

加わり、長期低落傾向が続いている。

 
たばこを「毎日吸う」「時々吸う」と答えた人を喫煙者とした。

調査は65年からで、ピークだった66年の49.4%と比べると

喫煙者の割合はほぼ半減した。

男女別では男性が41.3%(05年は45.8%)、女性が12.4%(同13.8%)。

 
調査は全国の20歳以上の3万2000人が対象で、1万8595人が回答。

今回は調査の回収を訪問から郵送に変えたため、JTは結果の単純比較はできず、

実際の減少幅はやや小さいとみている。




カテゴリ:日記
テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

人気チーズケーキ
№1 北海道!濃厚チーズケーキ


№2 シエスタチーズケーキ

  
№3 禁断の生チーズケーキ


№4 神戸半熟チーズケーキ


№4 濃厚チーズケーキ



私はケーキの中で一番好きなチーズケーキです

残りわずかなので好きな方は食べてみてください



カテゴリ:お菓子
テーマ:お取り寄せスイーツ - ジャンル:グルメ

また残業の日々・・・
少し前まで仕事が忙しく、今も忙しいですけど・・・

残業の残業をして日々14時間労働し頑張っていたんですが

上司から残業をし過ぎると指摘があり皆で話し合い

帰ることにしました

最近言われてしまいました

数が減ってると!そりゃそうだ!!

今まで頑張って一日の数量を上げようと思って、したくもない

残業をしてたのに、今度は残業をして頑張れと・・・

私達はいったいどうすればいいのか???

最近早く帰るのに慣れてきたから早く帰りたいし

皆と話し合って決めよう!!



カテゴリ:日記
テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

たばこも酒も習慣、食道がんリスク10倍 東北大調査
喫煙するのに加えてほぼ毎日飲酒する男性は、どちらの習慣もない

人たちと比べて食道がんになるリスクが9~11倍あることが、

宮城県の約2万7000人を対象にした東北大の

石川敦庸(あつのぶ)医師(公衆衛生学)らの調査でわかった。

たばこの関与が特に大きく、患者の約7割は喫煙しなければ、がんにかかるのを

避けられた計算になるという。

 
84年に約9000人、90年に約1万8000人のいずれも40歳以上の男性に

食生活などを尋ね、それぞれ9年間と7年7カ月間追跡したところ、

78人が食道がんになっていた。

 
そこで喫煙や飲酒、緑茶を飲む習慣が食道がんのリスクとどうかかわるかを調べた。

たばこを吸う人のリスクは吸わない人と比べて5倍、ほぼ毎日飲酒する人の

リスクはほとんど飲まない人と比べて2.7倍あった。

 
緑茶を1日5杯以上飲む人は飲まない人と比べて1.7倍リスクがあった。
理由ははっきりしないが、

研究チームは「緑茶を熱い状態で飲む人が多かったのかも知れない」と推測する。

熱い飲食物は、食道がんの危険を高めるとされている。

 
こうした個別の解析とは別に、「たばこを吸わず、お酒も緑茶もほとんど飲まない」

人たちのリスクを1として計算すると、喫煙と飲酒の習慣がある人ではリスクが

9.2、さらに1日3杯以上の緑茶を飲む習慣も加わると11.1になった。

 
食道がんと診断されるのは年に1万5000人ほどとされ、

8割以上を男性が占める。

今回の調査をまとめた栗山進一・東北大助教授は「食道がんは生活習慣で予防できる

代表的ながん。禁煙が何より大事で、酒を飲みながらのたばこは最悪です」としている。

カテゴリ:役立つ情報
テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

「たばこ病」早期発見に向け問診実施へ 結核予防会
患者の9割以上を喫煙者が占め、「たばこ病」とも呼ばれる肺の病気の

早期発見・治療につなげようと、財団法人・結核予防会が問診を加えた

健康診断を始める。

10月に東京、大阪など5カ所で試験導入したのに続き、来年4月から5年間の予定で

全国でも行う。

 
この病気は正式には慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)と呼ばれる。

40歳以上に多く、せきや息切れなどの症状が出て、呼吸機能が徐々に低下する。

患者数は530万人と推定されるが、治療を受けているのは21万人とされる。




カテゴリ:日記
テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

更年期症状に効く乳酸菌を発見 食品に応用へ
食べ物による更年期症状改善の主役は、大豆イソフラボンから

腸内細菌がつくる「エクオール」と見られるようになってきたが

大塚製薬はエクオールをつくる乳酸菌を発見、体内から取り出すことに

成功したと発表した。

日本人の半数はこうした菌を腸内に持たないといわれ、大豆を食べても効果が

なかった人には朗報だ。食品にも応用可能なエクオール産生菌を取り出したのは世界初。

 
エクオールは、女性ホルモンと似た構造を持った物質。

大豆イソフラボンの一種であるダイゼインが腸内で分解されてでき、

更年期症状の改善や乳がんの予防などに役立つ可能性がある。

 
ただ、日本人の約5割、欧米人の約7割は産生菌を持たず、

大豆イソフラボンを食べてもエクオールにまで分解できない。

共同研究をした渡邊昌・国立健康・栄養研究所理事長は、「食品に応用できれば、

分解ができない人だけでなく、アレルギーで大豆が食べられない人も

エクオールを摂取できるようになるかもしれない」と話す。




カテゴリ:役立つ情報
テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

紅葉・イルミネーション
昨日の紅葉を乗せます写真が小さくて見ずらい
もみじが赤くて綺麗です

IMG_0132.jpg



道路に沿ってもみじが植えてあり綺麗でしたよー!

これも写真が小さい!!!


IMG_0140.jpg


もみじのグラデーション

またまた写真が小さい

IMG_0167.jpg




地元で有名なイルミネーションです

この時期になると会社をイルミネーションで飾ってあります

今年で13回目だそうでビックリそんな前からあったとは

知りませんでした


来年は移転するみたいでここの場所で見れるのは最後!寂しいな・・・

でも来年は移転先のイルミネーションも楽しみです!

写真が小さくて見ずらいですねクリックしてみたら少しは見えると思います

IMG_0173.jpg

IMG_0177.jpg




カテゴリ:日記
テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

疲れました(*´Д`)=3ハァ・・・
今日は家から車で4時間行った場所にある絶景の紅葉を見に行きました

流石に往復8時間は疲れました・・・

月曜日だから人はいないかな?って思いながら着いたら

私の考えは甘かったです

やはり有名な場所であるから人ばかりでした!観光バスも10台ぐらいはあったかな??


駐車場もなく結構な距離を歩き足がむくんで痛い!!!!!

でもいい景色が見れて満足

夜は家の近くのイルミネーションを見に行きました

今年もイルミネーションに力をいれてて凄かったです!!

明日写真を載せますねお楽しみに!!

ご飯は居酒屋に行き私は飲んでいい気分なんで今日はいい夢みて寝ます

写真はお楽しみに

また明日


カテゴリ:日記
テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

ノースポール
061114_100935.jpg

061114_100833.jpg


このノースポールの花を彼氏から貰い育てる事に・・・

丈夫で耐寒性が強く、花の繁殖も増大みたいで

手入れが行き届かない私はいいかも

また花がいっぱい咲いたら記事にします




カテゴリ:日記
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

食物繊維不足に役立つ 大麦活用術
大麦をとるには、米に混ぜて炊く麦飯がおすすめです。

大麦のなかで、よく知られているのは押し麦。

大麦に蒸気をかけローラーで伸ばしたものですが、米と一緒に炊くと

比重が軽いため、上に集まり、大麦にもともとある黒い線が目立ちます。

これに対し、近年人気を集めているのが米粒麦です。

線にそって2つに割るため黒い線がなく、また米粒と同じような形と比重に

加工されているので、米とよく混ざって目立ちません。

 
押し麦や米粒麦を入れる割合は、2割程度であれば難なく食べられます。

もっと多めに入れたいと思っている人も、2割から徐々にからだを

慣らしていきましょう。

水加減は、麦は水を余分に吸収するため、やや多めにします。

 
このほかの穀類をとる場合も、精白していないものを選びます。

玄米や胚芽米、パン類であれば全粒粉小麦を原料にしているものなど

を積極的にとります。

 
こうした主食に、表2を参考にして野菜たっぷりの副菜を加え、

副々菜で豆類やいも類、海藻やきのこ類をとり入れて、食物繊維が十分な

食生活を続け、生活習慣病をはねのけましょう。



やってはいけない食べ方

効果に期待するあまり、100%の大麦を食べると、食物繊維のパワーが

強すぎて下痢や便秘となることもあります。

2割から始め、多くても5割程度に抑えましょう。

また、ファイバー入りのドリンクなどがでていますが、あくまでも

補助的なものととらえて過信しないようにします。

食品から多様な食物繊維をとってこそ、さまざまな効果が期待できるからです。



カテゴリ:食物繊維
テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

大公開!大麦の食物繊維パワー
穀類で食物繊維が多く含まれているのは外皮(ぬか、ふすま)の部分。

通常は精製したものを食べるので、ぬかやふすまは除かれて食物繊維は

大幅に減ります。しかし、大麦はもともと食物繊維の含有量が多く、

外皮をとり除いても、食物繊維の量は変わりません。

大麦を精製した米粒麦、押し麦、大麦麺を、ぬかが残ったままの玄米と比べても

食物繊維の量は2~3倍に。体内に吸収される水溶性と吸収されない不溶性の

食物繊維をバランスよく含んでいるので、いろいろな効果が期待できます。

 
「大麦が血中コレステロール値を下げることは、実験で明らかになっています。

高脂血症の男性に、1日2回、麦飯を食べてもらうと、血中コレステロール値が高い人ほど、コレステロール値が低下しました」と池上先生。

 
これはアメリカの厚生労働省にあたるFDA(アメリカ食品医薬品局)も
お墨つきを与えている効果。

FDAには、科学的根拠のある健康効果を食品に表示する制度「ヘルスクレーム」があり、

昨年12月、大麦が血中コレステロールを低下させて、心筋梗塞や狭心症などの

冠状動脈疾患の危険を減らすというヘルスクレームを発表しています。

 
また、大麦を食べたあと、血糖値が上がりにくくなり、インスリンの

分泌が抑えられるため、糖尿病予防・改善に効果的なこともわかってきています。





カテゴリ:食物繊維
テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

一食に食べる量が多く、調理しやすい穀類が◎
食物繊維は、きのこ類、海藻類に豊富と思っている人は多いはず。

もちろん、きのこ類、海藻類からもとれますが、これらを一食で

食べられる量はわずかです。

わかめの煮物では、1人分のわかめの量は8g程度。

きのこのサラダで使用するのも、1人分1/4パック程度ですから、

摂取できる食物繊維の量はかぎられます。

 
「食物繊維の含有量だけでなく、一食で食べられる量や調理しやすさを考えると、

まず穀類でとることを中心に考え、それに加えて野菜をとる方法が効果的です」

 
穀類は、ごはんであれば茶わん1杯分・約150g、パンなら約60g

はコンスタントに毎食食べられるので、食物繊維を十分にとることができます。

さらに池上先生は続けます。

 
「穀類のなかでも、食物繊維の量が多いのが大麦です。

生活習慣病を防ぐさまざまな効果も明らかになっています」





カテゴリ:食物繊維
テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

日本人の食物繊維の摂取量は減少するばかり
「厚生労働省が摂取をすすめている栄養素・成分のなかで、

もっとも基準を満たしていないものが食物繊維なんです」

 
と、大妻女子大学家政学部教授の池上幸江先生。

昭和20年代、高度成長期を迎えるまで、日本の食物繊維の摂取量は

満たされていました。ところが、それ以降、生活にゆとりが生まれ、

食の欧米化が進むとともに、食物繊維の摂取量は減少していきます。

 

「平成14年国民栄養調査で見ると、国民平均で摂取目標量の約70%しか

摂取されていません。年代別では、若い世代では低く、18~29歳で

は約60%。これが70歳以上になると90%近い摂取になります」

 

便秘の改善、整腸作用、血糖値・コレステロール値の低下などの

効果が期待できる食物繊維。

生活習慣病が気になる中高年こそとるべき成分です。

いったいどうすれば摂取不足を解消できるでしょう




カテゴリ:食物繊維
テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

食物繊維不足に役立つ 大麦活用術
第6の栄養素といわれ、生活習慣病の予防に効果を発揮するとされる食物繊維。

ですが、日本人の摂取量は年々減り続けています。
 

「効果的にとる方法がわからない!」

「こんにゃく、寒天以外にどんな食物に入っているの?」といった疑問の声が多いのも事実。
 

その声にこたえるべく、食物繊維の研究をされている池上幸江教授にお話をお聞きすると、

答えは身近な食材にありました。

続く・・・。


カテゴリ:食物繊維
テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

モスキート音
少し前にテレビでモスキトー音の事を言っていた

モスキトー音とは若い人に聞こえて34歳から35歳の境目で聞えにくく

なる音と聞き、会社で話題になり皆で早速探聞いてみた

ドキ②しながら聞いてみた

聞こえました

34歳の人と35歳の人に聞いてもらったら

聞こえる人と聞こえない人がいた・・・。

私もあと少しで聞こえなくなるのかな??

そう思うと寂しくなります

いつまでも若くないんだと実感させられました

昨日から夜勤です

今日も頑張ってきます


カテゴリ:日記
テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

マッサージ師常駐のローソン、高速道路に開店へ
ローソンは17日と18日、九州自動車道上りの

基山パーキングエリア(PA、佐賀県基山町)と

名神高速道上りの黒丸PA(滋賀県東近江市)に、

マッサージ師が常駐する24時間営業のコンビニを開く。

芳香剤や窓ガラスの曇り止めなど運転者向けの商品や、地

元の土産品もそろえる。同社は07年までに、計10店を高速道路内店舗として出店する計画。

カテゴリ:役立つ情報
テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

コラーゲン
コラーゲンを飲み始めて一ヶ月位になりますかね??

最近、肌の調子がいいです


仕事で疲れてるし睡眠不足なのに肌のストレスもなく全然大丈夫ですよーぉ


化粧のノリもいいし私にはです!!


味は美味しいとはいえませんが


肌の調子がいいなら少しの我慢はしょうがありません


最近お疲れや睡眠不足や肌の調子が良くない方は試してみてください!!

カテゴリ:コラーゲン
テーマ:キレイの秘密 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

今日のご飯
061029_001544.jpg


今日は久々に、ご飯を作りました

最近仕事疲れで今日は少し手抜きです

今度は何を作るか検討中です

和食で考えてます?


明日から地獄の仕事です・・・

また3日間頑張ります

カテゴリ:日記

変な犬です・・・
061029_234325.jpg


我家の愛犬「リッキー」です!

だらしない格好で寝てたので思わず写真を撮ってみました

安心してるんでしょうね



最近仕事が忙しくて疲れてます

リッキーのこんな格好を見ると癒されます!

カテゴリ:日記
テーマ:可愛い・おもしろ画像など(動物全般) - ジャンル:ペット

運動ブーム、肥満も過去最高
散歩などの運動やスポーツをする人が増えている一方で、

肥満を感じる人も過去最高――。

内閣府の「体力・スポーツに関する世論調査」で、こんな実態が浮かんだ。

 
この1年間に運動やスポーツを「行った」と答えた人は74.5%。

79年からほぼ3年に1度行っている同調査で過去最高を記録した。

今後行ってみたい運動やスポーツが「ある」との回答も85.7%で過去最高だった。

 
その一方、肥満を「感じる」とした人は43.4%。

「感じない」との答えが55.6%と多いものの、

質問が設けられた91年以降では最高となった。

40代で最も多い57%が肥満を感じており、2番目に多い

30代の46.8%を引き離した。

 
調査は成人3000人を対象に8月に行った。回収率は61.6%。





カテゴリ:役立つ情報
テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

米KFC、油変更と発表 トランス脂肪酸やり玉
ケンタッキー・フライド・チキンのKFC社は10月30日、

とりすぎると心臓病の危険が高くなるトランス脂肪酸を含む食用油の使用を、

北米にある同社の5500の店舗で07年4月までに停止すると発表した。

 

KFCの発表によると、人気メニューのフライドチキンやクリスピーチキンの味を、

トランス脂肪酸を含まない油で出す方法を2年間にわたり研究してきたという。

 
トランス脂肪酸は肉にも含まれるが、植物油に水素添加する過程でもできる。

摂取しすぎると、血液中の悪玉コレステロールを増加させるとして

ニューヨーク市が市内のレストランからの「締め出し」を計画している。

大手外食産業にも呼応する動きが出始めているが、一方で今までと同じ味を

低価格で客に提供できないというレストラン側の抵抗もあるようだ。

 
日本ケンタッキー・フライド・チキン社によると、日本でも米国の動きとは別に、

昨年来、トランス脂肪酸の少ない食用油の導入を進めている。



カテゴリ:役立つ情報
テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

ボケ防止には野菜をたくさん 葉物が効果大 米調査
野菜を多く食べている高齢者ほど「認知力」が衰えにくいことが

米シカゴのラッシュ大の研究グループの調査でわかった。

とくにホウレンソウやキャベツ類などの葉野菜を多く食べている場合に顕著だった。

米神経学会誌の最新号(24日付)に論文が掲載された。

 
年をとると記憶力が衰えたり、思い出すのに時間がかかったりするようになる。

グループは65歳以上の約3700人を対象に、こうした「認知力」の衰えぶりと、

野菜や果物を食べる回数などとの関係を調べた。

 
1日に食べる野菜、果物の種類や回数を答えてもらったうえで

認知力を調べる試験を実施。

3年後と6年後にも同様の試験をして比較した。

 

その結果、野菜を多く食べる人たち(1日2.8回程度)は、

最も少ない人たち(同0.9回)より、認知力低下の度合いが40%も低かった。

年齢にして、5歳分、若返ったことになるという。

 
ただ果物にはこうした効果はみられなかった。

グループのマーサ・モリス博士は「果物より野菜に多く含まれる

ビタミンEが関係しているのかもしれない」としている。




カテゴリ:役立つ情報
テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。