TOPスポンサー広告「食育」「健康」を商売に スーパー・外食産業


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP役立つ情報「食育」「健康」を商売に スーパー・外食産業


「食育」「健康」を商売に スーパー・外食産業
食と健康へ関心が高まるなか、集客や売り上げ増を狙って「食育」を営業戦略

に採り入れるスーパーや外食産業が増えてきた。

健康メニューの提案にとどまらず、大人向けの健康測定なども盛り込んで工夫を凝らす。

 
「このジュースは何の野菜かな?」。

イトーヨーカ堂が夏休み期間中、東京・葛西店で開いた子ども向け食育イベントには、

5日間で延べ4000人が参加した。同社は毎月19日を食育の日と決め、講座やイベントを開催中。

集客力に加え、協賛企業の商品が売れる効果もあり、食品事業部は「食品売り場の

活性化につながる」と力を入れる。

 
イオンは先月、健康食品の試食のほか、脳年齢や骨密度の測定ができる体験コーナーを

東京・ジャスコ品川シーサイド店に設置し、大人にも人気を集めたという。

無印良品が有楽町店で開いた初の食育講座「食べる」教室には、子連れの母親など

約25人が1500円の受講料を払って参加するなど、関心は高い。

 
モスフードサービスは、店長が小学校に出向き、レタスの食べ比べや正しい食事教室を開いている。


米国では16日、米ウォルト・ディズニーがテーマパークでフライドポテトの提供をやめると

いった肥満予防の基準の導入を発表したが、モスフードは「個々の食品がいけないのではなく、

体によい食べ方を教えることが大切」と強調する。

 
日本マクドナルドも3月以降、キャラクターのぬいぐるみを100以上の幼稚園などに

派遣して、朝食の大切さを教えている。

社会貢献活動の一環との立場だが、いずれ「朝食はマックで」という狙いもある。





スポンサーサイト

カテゴリ:役立つ情報
テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
Back | Top Page | Next
Comments
2006/10/20
from #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/20
from 小太郎 #- URL
今は親自体に食の大切さとかが備わってない場合多いから子供に教えるのも大変でしょうね。

マックは絶対【朝マック狙い】だw

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


イトーヨーカ堂株式会社イトーヨーカ堂(イトーヨーカどう)は、関東地方を中心に四国地方|四国・九州地方|九州以外の全国に店舗をもつゼネラルマーチャンダイズストア(GMS)「イトーヨーカドー」を運営する会社。セブン&アイ・ホールディングスの子会社であり中核企業であ …
2007/10/03 13:03  日本企業専門館

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。