TOPスポンサー広告「早い・噛まない」食習慣が肥満をつくる


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP日記「早い・噛まない」食習慣が肥満をつくる


「早い・噛まない」食習慣が肥満をつくる
「早食いは太る」と昔からよくいわれてきたが、これが大人だけでなく、子どもにも

当てはまることが実証された。

「早食い」は子どもの頃からの習慣なので、大人になってからでは改善しにくいと考えられている。

それだけに、子どもが「ゆっくり、よく噛んで食べる」ことの重要性を学習し、

習慣として身につけることが、将来、肥満が招く生活習慣病予防に役立つと期待されている。


「早食い」の子どもほど肥満度が高い


小学生の肥満と生活習慣の関連性について実証したのは、財団法人ライオン歯科衛生研究所と

東京歯科大学社会歯科学研究室の共同研究チームだ。

同チームは、2001年に、サラリーマンについて「早食いは肥満のもと」であることを

明らかにし、日本口腔衛生学会で発表したが、今回は、小学生についても

「早食いと肥満に相関性がある」ことを実証し、2006年10月の同学会で報告した。

 

調査対象は、沖縄県八重山地区の小学5年生、男子137名、女子119名の合計256名。

身長、体重を測定するとともに、食生活についてのアンケートを実施し、

食生活と肥満の関係を調べた。

その結果、食べるのが早い子どもほど肥満度が高いことがわかったのだ。

 
子ども(学童)の肥満度の指標にはローレル指数*がよく使われる。

そのため、今回の調査でも、ローレル指数が肥満に関する指標としてもちいられた。

ローレル指数は、数値が高いほど肥満度が高いことを表している。

 
調査結果を見ると、対象となった子どものうち、ほかの子どもと比べて食べるのが

「早い」と答えた子どものローレル指数は平均141だったのに対して、

「遅い」と答えた子どもは平均125で、「早食い」の子どもほどローレル指数が高くなっている。

 
また、「ひと口の量が多い」と答えた子どものローレル指数が平均139だったのに対して

「少ない」と答えた子どもは平均129で、「ひと口の量が多い」

子どもほどローレル指数が高いことがわかった。

*ローレル指数=体重(kg)÷身長(cm)3×107

スポンサーサイト

カテゴリ:日記
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。