TOPスポンサー広告心筋梗塞予防、やっぱり「お酒に効果」 厚労省研究班


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP役立つ情報心筋梗塞予防、やっぱり「お酒に効果」 厚労省研究班


心筋梗塞予防、やっぱり「お酒に効果」 厚労省研究班
お酒を飲むと顔がすぐ赤くなる人でも、適度な飲酒は急性心筋梗塞(こうそく)

を予防する効果がある――。

厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)

は6日、こんな調査結果を発表した。

 
アルコールには血液を固まりにくくするなどの作用があり、適度な飲酒が

心筋梗塞のリスクを減らすことは欧米の研究で知られていた。

だが、日本人に多くみられる飲酒で顔が赤くなる人は、逆に飲酒で

心筋梗塞になりやすいという報告もあるため、調べていた。

 
調査は、93年に茨城、新潟、高知、長崎、沖縄の5県に住んでいた

40~69歳の男性2万3千人に、飲酒習慣や顔が赤くなるかなどを

尋ね、発症率を9年間追跡した。

 
急性心筋梗塞になったのは170人。

うち39人が亡くなった。

酒を飲まないグループの心筋梗塞のリスクを1とすると、1日に飲む量が

「1合未満」「1~2合」のグループのリスクは、顔が赤くなるかどうかに

関係なく0.5前後だった。

 
研究に加わった中村保幸・京都女子大教授(循環器内科学)は

「飲酒量が増えると全体の死亡率が高くなり、飲み過ぎはよくない。

もちろん飲めない人が無理して飲む必要はない」と話している。


スポンサーサイト

カテゴリ:役立つ情報
テーマ:お酒の豆知識 - ジャンル:グルメ
Back | Top Page | Next
Comments
2007/04/13
from エコ田 #K5k8qzAE URL
こんにちは、はじめまして。
同じ、厚生労働省の結果では、休肝日が少ないほど、死亡率が高くなる結果が出ています。
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/49/alcohol_mortality.html
また、WHOから「発がん性」のお墨付きが出ました。人によっては食道がんが12倍も増え、肝臓がんや食道がんはもちろん、乳がんや大腸がんの原因になることも分かりました。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070402ik05.htm
結局、心筋梗塞で死亡する人は少なく、総合的に見て、飲酒は体に良くないのです。最近は、お酒は煙草と同様に評判が悪いです。
お酒を飲むと、血管が拡張収縮して痛むため、肌が汚くなると聞いたことがあります。体が老化するらしいです。
2007/04/16
from かず #- URL
適度な飲酒は、体にいいとは知ってたんですが。酒は、百薬の長って言いますし。

1人暮らししてからは、お酒なんか飲んでないなあ。

たまに実家に帰って、少し飲む程度です。また来ます、ぽちぽちっと。
2007/04/17
from たけえもん #- URL
こんばんは!
何事も程よくが一番ですね。
僕もお酒は好きですが、
最近は休肝日がかなり
増えてきました。
タバコも少し減ってきたし・・・。
MOONさんも酒はほどほどに・・・。
・・・応援ぽち。

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。