TOPスポンサー広告禁煙、50代からでも効果 肺がん死亡率43~64%減


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP役立つ情報禁煙、50代からでも効果 肺がん死亡率43~64%減


禁煙、50代からでも効果 肺がん死亡率43~64%減
 50代でたばこをやめれば吸い続けるより43~64%も肺がん死亡率が減少、

60代でも19~57%減る――。

こんな推計結果を厚生労働省の研究班(主任研究者=祖父江友孝・

国立がんセンターがん情報・統計部長)がまとめた。

研究班は「禁煙は早い方がいいが、遅くても効果がある。

あきらめて吸い続けるのは最悪の選択肢」と言っている。

 
研究班は、国内で83年から03年に実施された三つの10万人規模の

疫学調査のデータから、18~22歳の時に喫煙を始めた喫煙者・禁煙者と、

非喫煙者の男性計11万2人(調査時40~79歳)分を分析。

平均追跡期間は8.5年で968人が肺がんで死亡していた。

喫煙者と非喫煙者は年代別に、禁煙者についてはさらに禁煙時の年代別にも分けて

肺がんの死亡率を計算して比べた。

 
その結果、50代で禁煙した人は吸い続けた人に比べ、60代で43%、

70代で56%、80代で64%も肺がん死亡率が減る計算になった。

60代で禁煙した場合もそれぞれ19%、40%、57%減った。

 
肺がん死亡率は、禁煙後の年数が増えるほど減る。

喫煙者のリスクは非喫煙者の4.71倍。

これが禁煙後10~15年で半分程度に減り、非喫煙者と同じレベルに

近づくには15年以上必要だった。




スポンサーサイト

カテゴリ:役立つ情報
テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体
Back | Top Page | Next
Comments
2008/06/12
from ただ #- URL
こんばんは、

ついに、発表になりました。
煙の出る。禁煙パイポ
ブログを見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。





コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。