TOPスポンサー広告コレステロール、ダイヤで測定 食肉成分分析で新手法


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP役立つ情報コレステロール、ダイヤで測定 食肉成分分析で新手法


コレステロール、ダイヤで測定 食肉成分分析で新手法
ダイヤモンドを素材とした電極を使い、食肉に含まれるコレステロールの
量をより簡単、精密に測定する手法を東京薬科大学の楠文代教授(分析化学)

らの研究チームが開発した。

高血圧や動脈硬化などの予防にはコレステロールの摂取量の把握が

大事で、簡便な測定手法は広く利用されそうだ。

19日から宇都宮市で開かれる日本分析化学会の討論会で発表される。

 
従来の方法では、測定する試料からコレステロール以外の成分を取り除く

前処理に手間がかかる上、測定の精度が低く、結果にばらつきが生じる難点があった。

 
研究チームは、液体に含まれる成分を分離する「高速液体クロマトグラフィー」(HPLC)

という手法を使い、前処理を簡略化。さらに、試料を溶かした溶液に電極を入れ、

得られた電流値で物質の量を測定する「電気化学検出」と呼ばれる手法を

組み合わせて、コレステロールを計測した。

 
当初使っていたのは炭素製の電極だったが、測定感度を上げるため電圧を高くすると、

電極自身に影響が生じる問題があった。

このため、化学的、物理的な影響を受けにくいダイヤモンドとホウ素でできた

電極に変更。従来の約10分の1、1ミリグラム程度の試料で測定できるようになった。



スポンサーサイト

カテゴリ:役立つ情報
テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット
Back | Top Page | Next
Comments
2007/05/14
from たけえもん #- URL
なつかしいですね。
理学部化学科だったので・・・。
大学の研究室を思い出しました。
最近3交替で新人2人に挟まれた勤務なので大変です。
残った仕事はあるし、終わる直前には次の勤務の準備に来た新人に振り回されてます。
どうですか?MOONさんは?
・・・応援ぽち。

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL

化学の考察
高速液体クロマトグラフィー(High performance liquid chromatography、略してHPLCということが多い)はカラムクロマトグラフィーの一種であり、機械的に高圧をかけた液体によって分析物をカラムに通し、それによって各物質が固定相に留まる時間を短くして分離・検出能力を …
2007/07/24 16:42  化学の考察

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。