TOPスポンサー広告エチゼンクラゲに抗菌・保湿の成分 医薬品などに利用も


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP役立つ情報エチゼンクラゲに抗菌・保湿の成分 医薬品などに利用も


エチゼンクラゲに抗菌・保湿の成分 医薬品などに利用も
巨大なエチゼンクラゲをはじめ、クラゲ全般に「ムチン」という

糖たんぱく質が豊富に含まれていることを、理化学研究所の丑田(うしだ)

公規研究ユニットリーダーのチームが確かめた。

さまざまな動物の粘液などに含まれるムチンは抗菌作用や保湿効果があり、

医薬品や食品添加物などへの利用に期待できる。すでに複数の企業と事業化を検討している。


エチゼンクラゲは傘の直径が約2メートルもあり、重さ100キロ以上はあるという。

日本海沿岸では毎年、数万トンから数十万トンの規模で発生しているとみられ、

底引き網の損傷などの被害が出ている。

ほかのクラゲも、大量発生して原発や火力発電所の取水口を詰まらせたりする。

 
チームは、こんな厄介者の有効活用を目指し、エチゼンクラゲを含む

8種類のクラゲに有用物質が含まれていないか探索した。

その結果、調べたクラゲすべてのほぼ全身からムチンを見つけた。

 
ムチンはオクラやサトイモなどのヌルヌル成分として知られる。

細菌やウイルスを認識して、攻撃から守る作用や保湿、洗浄作用がある。

医薬品や化粧品、食品添加物など数多くの目的に使えると期待され、一部は商品化されている。

 
ムチンはブタやウシなどの口や鼻、胃腸などの粘液にも含まれ、

現在はそれらから製造されているが、未知の感染症などの心配がある。

 
クラゲ由来のムチンは、そのような問題は今のところ見つかっておらず、

重さ100キロのクラゲなら数十グラムも取れる。

採取コストを10分の1ほどに下げられれば、産業化が可能だという。









スポンサーサイト

カテゴリ:役立つ情報
テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。