TOPスポンサー広告肌のうるおい守るバリアー酵素、ベルギーの大学が解明


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP役立つ情報肌のうるおい守るバリアー酵素、ベルギーの大学が解明


肌のうるおい守るバリアー酵素、ベルギーの大学が解明
皮膚のうるおいを保ち紫外線からのダメージを防ぐ働きがある酵素を、

ベルギー・ヘント大のチームがマウスの実験で突き止めた。

この酵素は人間にもある。

皮膚が乾燥、うろこのようになる魚鱗癬(ぎょりんせん)や、

アトピー性皮膚炎などの治療につながる成果として注目される。

英科学誌ネイチャー・セルバイオロジー電子版に発表された。

 
この酵素はカスパーゼ14と呼ばれる。

存在は知られていたが、生体内の働きは不明だった。

 
チームは、この酵素ができないマウスを作ってみた。

どのマウスも、きめが粗い異常な皮膚になった。

皮膚から逃げる水分の量も増え、保湿機能も落ち、紫外線による損傷が大きくなっていた。

 
表皮の細胞を培養して調べると、それ自体は紫外線に対する反応が

変わらなかったため、細胞を守る「角層」の保護機能に問題があることがわかった。

カスパーゼ14は、この角層の働きをコントロールしており、

この酵素が働かなくなることで、紫外線を防げなくなったり、

皮膚のうるおいを保てなくなったりするようだ。

 
三重大の水谷仁教授(皮膚医学)は「アトピー性皮膚炎では、

乾燥肌が問題になっているが、アトピーのほか、皮膚がんや乾燥肌などの

治療法解明につながる成果」と話している。





スポンサーサイト

カテゴリ:役立つ情報
テーマ:綺麗になりたい - ジャンル:ヘルス・ダイエット
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。