TOPスポンサー広告ご飯派vsパン派…太りにくいのはどっち?


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP役立つ情報ご飯派vsパン派…太りにくいのはどっち?


ご飯派vsパン派…太りにくいのはどっち?
ダイエットに良いのはパン?ご飯?

パンは精製された小麦が原料。

ご飯は粒そのまま。ここに消化の違いが出てきます!

パンとご飯、それぞれの素材や商品として気をつけたい点を

ご紹介してきました。

これらを含めて更にパンとご飯のダイエットとの関係をご説明していきましょう!

満腹感はご飯に軍配!

ご飯やパンなどの主食を食べずに、おかずだけ食べたほうが

ダイエットに効きそう、と思って実行している方が意外に多いもの。

満腹感は血糖値の変化によって、脳で感じるもの。

主食のない欧米式の食事では最後にデザートを食べますが、

その時に初めて満腹感がぐっと感じられるようなしくみに。

したがって主食なしの食事は、カロリーオーバーになりやすい傾向に。

ダイエットのためには毎食の主食はマストなんです!

その上で、パンと米とでは精製度合いが違うので、

ゆるやかに血糖値があがり、長時間満腹感を維持できる性質があるのは、

お米のご飯がベターだと言えます。


他の食材との相性でもご飯!

パンもご飯も、それだけを食べるシーンは少なく、

何か他のおかずと一緒に食べる事が多くなります。

パンの場合は油脂の多い食材とあわせることが多いもの。

バターをつけたり、サンドイッチにしたり、洋風料理の添え物になることが多いですね。

一方ご飯は、日本型食事に欠かせないもの。

丼や揚げ物など例外的なメニューもありますが、味噌汁や魚料理、

野菜などとも相性が良く、脂肪の少ない料理ともあわせやすいメリットが。

このように考えても、食べ合わせとしてのカロリーはご飯を中心にした

食事のほうが低カロリーでの組み合わせがしやすく、オススメできると言えます。


噛み応えあるご飯のほうが○

菓子パンを含めたパン類は、さほど噛まなくても食べられてしまうため、

早食いになる傾向があります。ご飯食のほうが噛む回数が多く、

食べ過ぎるのを防ぐこともできます。

以上の理由から、ダイエッターの主食にはご飯がオススメ。

飽きずに継続するために選べるおかずの幅が広いことは何よりのメリット。

ご飯食を上手に取り入れて、ダイエット成功につなげてみたいですね



スポンサーサイト

カテゴリ:役立つ情報
テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。